google.com, pub-5359596435083123, DIRECT, f08c47fec0942fa0

シーズン

#20 ミッドレンジで支配を制する〜BKNのスタイル〜

  • 2021.06.16

セミファイナルで激突するネット&バックス。共にスター選手を揃えるがスタイルが異なる。今回は圧倒的なオフェンススキルを駆使するネッツのバスケットボールについて書いて行く。 史上最強スコアリングBIG3 ネッツは全盛期のBIG3を擁する。それもリーグを代表するスコアラーの共演だ。史上最強とも呼べるオフェンスチームと呼んでも過言では無い。冒頭では彼らの役割について触れていこう。 ジェームス・ハー […]

#19 ゲームスタイルの違い〜PHXvsDEN〜

  • 2021.06.09

セミファイナルで激突するサンズ&ナゲッツ。各チーム展開して行くスタイルが異なり、見事な対比となっている。 サンズはガードポジションによる展開。対してナゲッツはポイントセンターから始まる。ボールハンドラーが異なることが大きな違いだ。 そんな彼らの興味深い試合展開。そこから気づいたサンズの強さについて書いて行く。 ハンドラーにより生まれる差 ディフェンスとのズレの作り方 サンズ=ガードハンドラ […]

#18 サンズのスタイル〜オールドスタイル〜

Pickup シーズン
  • 2021.06.04

昨年王者レイカーズを制し、大躍進するサンズ。彼らのチームの仕上り具合は他に無いレベルで完成していると思う。そんな彼らが用いるシステムはディレイドオフェンスだと考える。一般的な「時間をかける」ではなく、敢えて速攻を作らないサンズの強さについて書いて行く。 ディレイドオフェンス 時間をかけてボールを支配する ディレイオフェンスとは、「遅いオフェンス」という意味で、英語のDelay(ディレイ=遅延・遅い […]

#17 スモールボールの終焉

Pickup シーズン
  • 2021.05.28

プレイオフが始まり1stラウンドも序盤も終えたところ。各チームの仕上り具合が見えて来る中、戦績に現れることがある。スモールボール採用チームの負け越しだ。環境が移り変わりつつあるのではないだろうか。 スモールボールとは 運動量を活かすスタイル コートプレイヤー5人を小さな選手で固める。身長2m前半の選手が1番大きくなる布陣である。特徴としては全員がどこからでも3Pを放つことができ、動きを流動的に行う […]

SHO BLOG #16 プレイオフ展望 〜ビッグマン時代再び?〜

Pickup シーズン
  • 2021.05.19

概ね今季のプレイオフチームが出揃う中で大半のチームに優秀なビックマンが所属。少し前はスターガードを要するチームが多い中、環境が移り変わりつつある。 各チームのビックマン ウエスタンカンファレンス 1 UTA ルディゴベア、フェイバーズ 2 PHX エイトン、カミンスキー、サリッチ 3 DEN ヨキッチ、MPJ 4 LAC ズバッツ、イバカ 5 DAL コーリースタイン 6 POR ヌルキッチ、カン […]