google.com, pub-5359596435083123, DIRECT, f08c47fec0942fa0

#18 サンズのスタイル〜オールドスタイル〜

Pickup シーズン
  • 2021.06.04

昨年王者レイカーズを制し、大躍進するサンズ。彼らのチームの仕上り具合は他に無いレベルで完成していると思う。そんな彼らが用いるシステムはディレイドオフェンスだと考える。一般的な「時間をかける」ではなく、敢えて速攻を作らないサンズの強さについて書いて行く。 ディレイドオフェンス 時間をかけてボールを支配する ディレイオフェンスとは、「遅いオフェンス」という意味で、英語のDelay(ディレイ=遅延・遅い […]

#17 スモールボールの終焉

Pickup シーズン
  • 2021.05.28

プレイオフが始まり1stラウンドも序盤も終えたところ。各チームの仕上り具合が見えて来る中、戦績に現れることがある。スモールボール採用チームの負け越しだ。環境が移り変わりつつあるのではないだろうか。 スモールボールとは 運動量を活かすスタイル コートプレイヤー5人を小さな選手で固める。身長2m前半の選手が1番大きくなる布陣である。特徴としては全員がどこからでも3Pを放つことができ、動きを流動的に行う […]

SHO BLOG #16 プレイオフ展望 〜ビッグマン時代再び?〜

Pickup シーズン
  • 2021.05.19

概ね今季のプレイオフチームが出揃う中で大半のチームに優秀なビックマンが所属。少し前はスターガードを要するチームが多い中、環境が移り変わりつつある。 各チームのビックマン ウエスタンカンファレンス 1 UTA ルディゴベア、フェイバーズ 2 PHX エイトン、カミンスキー、サリッチ 3 DEN ヨキッチ、MPJ 4 LAC ズバッツ、イバカ 5 DAL コーリースタイン 6 POR ヌルキッチ、カン […]

SHO BLOG #15 2020 Hall Of Fame 〜選手としての在り方〜

Pickup Aword
  • 2021.05.17

  こんばんは。セレモニーが開催されました2020 Hall Of Fame!NBAからは印象的な3選手が殿堂入り。3選手のキャリアにおける選手の在り方について話します! Hall Of Fame(おさらい) バスケットボール殿堂 バスケットボール殿堂はバスケットボール競技における偉大な指導者、レフェリー、選手、特別功労者の栄誉を称え、その歴史を永く記憶にとどめるための施設/表彰である。正式名称は […]

SHO BLOG #13 今季の最成長選手は?〜MIP予想〜

Pickup Aword
  • 2021.05.09

こんばんは。レギュラーシーズンも大詰めとなってきましたので今季のMIPついて話していきます!私の期待の希望も入っております。ご了承ください。 MIPについて(おさらい) Most Improved Player Award NBA MIP NBAにおいて、前年度の成績と今年度の成績を比較して、最も成長した選手に贈られる賞。アメリカ合衆国とカナダのスポーツ記者及び放送関係者らの投票によって […]

SHO_BLOG #12 ジェイソン・テイタム〜溢れる才能〜

Pickup 選手紹介

こんばんは!SHOです。               次代のNBAの顔?本日キャリアハイの活躍、BOSのジェイソン・テイタムについて書いて行きます!プレイ特徴など私目線です! 高校時代 ミズーリ州チャミネード高校3年生時、州王者となる。 平均29.5得点 9.1リバウンド 3.0アシストを記録。マクドナルドオールアメリカン選出など文字通りエリートリクルートとして名を馳せていました。 大学時代 五つ […]

SHO BLOG #11  今シーズンの過密スケジュールと選手フィジカルケア        

Pickup Uncategorized INJERED
  • 2021.04.30

 こんばんわ!SHOです!                                        今シーズンも終盤に突入し、目立ち始めた相次ぐ選手の怪我による離脱。NBA全体が好きな私はどのチームの選手でも怪我を負うことは悲しい気持ちになります。特に今シーズンは多くの選手に怪我が多いので気になり、記事にしてみます。 過密日程による影響  昨〜今シーズンはCovid-19の影響を受け、シーズ […]

#7  日本バスケ界の宝!八村 塁キャリアハイの活躍 ~見えてきたあのスーパースターとの共通点~

Pickup Uncategorized NO IMAGE
  • 2021.03.15

こんにちわ!SHOです。                                                    昨日の話になりますがワシントンウィザーズの八村塁選手がキャリアハイとなる活躍をされました。                                       僕が前々から述べている「ミッドレンジマスターになれる?」                         […]

日本NBAファン待望...待ちに待った日本人対決 #2

Pickup Uncategorized NO IMAGE
  • 2021.02.10

  こんばんわ。ショウです。 予定を変更して発信したいことがあり連続投稿です!! 明日は日本人初対決が実現します。是非皆さんチェックしてください!  Washington Wizards八村塁 VS Toronto Raptors渡邊雄太の対決予定。 八村塁は安定のスタメン出場が予想され、渡邊雄太はベンチからの出場でしょうね!十分にプレイタイムもあり NBAコートでバチバチのマッチアップが見れると […]

自己紹介を兼ねて ”Stephen Curry” #1

Pickup Uncategorized NO IMAGE
  • 2021.02.09

 始めまして。バスケ好きになり20年、現在26歳のショウといいます。 小学校~現在に至るまでバスケとともに生きてます。多くの人とバスケでつながりたいと考えています!!  自粛生活が続き、もっぱらNBA・Bリーグ観戦が続いており、悶々とするこの頃です。。。 バスケも20年近くプレーしており、本当は実際にプレーしたいのですができないので バスケ熱を発信していきたいと思います。twitterもありますの […]

#20 ミッドレンジで支配を制する〜BKNのスタイル〜

  • 2021.06.16

セミファイナルで激突するネット&バックス。共にスター選手を揃えるがスタイルが異なる。今回は圧倒的なオフェンススキルを駆使するネッツのバスケットボールについて書いて行く。 史上最強スコアリングBIG3 ネッツは全盛期のBIG3を擁する。それもリーグを代表するスコアラーの共演だ。史上最強とも呼べるオフェンスチームと呼んでも過言では無い。冒頭では彼らの役割について触れていこう。 ジェームス・ハー […]

#19 ゲームスタイルの違い〜PHXvsDEN〜

  • 2021.06.09

セミファイナルで激突するサンズ&ナゲッツ。各チーム展開して行くスタイルが異なり、見事な対比となっている。 サンズはガードポジションによる展開。対してナゲッツはポイントセンターから始まる。ボールハンドラーが異なることが大きな違いだ。 そんな彼らの興味深い試合展開。そこから気づいたサンズの強さについて書いて行く。 ハンドラーにより生まれる差 ディフェンスとのズレの作り方 サンズ=ガードハンドラ […]

1 4